新着情報

白ひげコーヒーの良いコーヒーとは

墨田雅彦〔白ひげコーヒー店長〕は、学生時代にアルバイト先のコーヒー工場で、コーヒーの生豆は保存方法によって半永久的に保存できると知り、以来コーヒーの世界に魅了されコーヒー一筋の人生を歩んできました。 福岡では伝説の名店として語り継がれている「ハニー珈琲」の立ち上げを皮切りに、数々のコーヒー専門店に関わる珈琲アドバイザーとして名を馳せております。
コーヒーは嗜好品であることから 「おいしいコーヒー」「おいしくないコーヒー」の評価は飲む人によって異なります。 しかし、「良いコーヒー」「悪いコーヒー」があることを その多くの経験から多く学んだ墨田雅彦〔白ひげコーヒー店長〕は、良いコーヒーとは高価なものではなく不良の豆を取り除き焙煎したてのコーヒーであるという結論に達しました。

 
独自の基準で仕入れた生豆を一粒ずつ手作業で厳選

不良の豆の排除に躊躇することはありません。
コーヒーの豆自体が持っている味を引き出す焙煎に徹底しています。
同じ焙煎がなされた豆でも細目、中目、粗目と挽き方によっては味が変化するため抽出器具によって挽き目を選ばなければなりません。
また、熱に弱い焙煎豆のために見るグラインドの刃は摩擦熱をもたないものを使用しています。各工程にこだわり続け、ようやく出来上がるのが、白ひげコーヒーがお届けする良いコーヒーです。

〜白ひげコーヒーのこだわり動画〜

福岡で自家焙煎線コーヒー30年

白ひげコーヒーのこだわり

「白ごはんのように毎日いただいてもも飽きない味。」白ひげコーヒーではそんなコーヒーを目指しています。時期にあった厳選された生豆、丁寧なハンドピック、ゆっくり丁寧な低温の直火型焙煎。 
白ひげコーヒーの”ブレンドコーヒー”は、4種類の豆をその時の出来に応じて配分を決めて焙煎している『創造的ブレンド』です。
白ひげのこだわりが詰まったコーヒーを適正価格で挽き売りしています。もちろんご家庭で挽いても結構ですが、アクが出ないようクリアな味になりよう粗挽きがおすすめです。 

白ひげコーヒーは、ここが重要!!


細やかなハンドピック作業

生豆を焙煎する前には、必ず生豆から欠点豆を取り除きます。この作業をハンドピックといいます。白ひげコーヒーでは70ヶ国から厳選された5ヶ所の生豆から、丁寧にハンドピック作業をし、質のよい生豆のみ使用し、自家焙煎し販売しております。

低温直下式自家焙煎


30年の経験と妥協しないコーヒーへの想い

こだわりは低温直下式自家焙煎!焙煎は、店主の長年の経験と勘がコーヒーの味を決める作業です。低温でじっくり時間をかけて「色、薫り、形、膨らみ」を見極め焼き上げます。

〜白ひげコーヒーの3つのこだわり〜

徹底的に 欠点豆を省きます

豆に混じっている欠点豆(貝殻、虫食い)を人の目で徹底的に省き雑味を取り除きます。

豆の 挽き方を選べます

コーヒーの落とし方により豆の挽き方を、細挽き、中挽き、粗挽きの3つから選べます。

徹底した 品質管理

コーヒーは、とにかく熱に弱いので味の劣化を防ぐ為に商品を19°C以下で保存しています。

福岡の自家焙煎の白ひげコーヒー

福岡の自家焙煎の白ひげコーヒー

お気軽にお問い合わせください。

店舗営業時間 10:00〜19:00(火曜定休)

Copyright 福岡の自家焙煎の白ひげコーヒー. All Rights Reserved.